ダンスレッスン その2

全開アップしましたダンスレッスンその1の続編です!

ダンスの振りってどうやって練習しているの?

どんな職業でもそうですが、その中にいると当たり前になってしまう事が、外の世界ではまったく当たり前ではないぞ!

という事で、レッスン紹介の続編、実際の振付についてです。

 

 

 

 

 

各クラスの先生が、それぞれで振りを考えるのですが、まずは曲を決めます。
曲が決まったら、その曲に合わせての振りを考えるのですが、曲のタイトルだったり、歌詞だったり、音のイメージだったり、様々な観点から感覚を研ぎ澄まさせて振りを作ります。
自分の中にあるものを感性を使って表現していく、作り出していく作業です。
これは私個人ですが、今いるメンバー達であれば、こうだな、とかこれをしみてたいな、とかこう踊れるかな、ちょっと難しいかも知れないけど経験かな、という事も振りを作る際に含まれます。
なので、私の振り、というよりメンバー達の振りという感覚です。

話しはそれましたが、では、それをレッスンでどのように伝えるか。

まずは、カウントで振りを分解して教えます。
1,2などのオンビートや間の&カウントのオフビート、さらにはメロディーだったりイメージを擬音語で伝えたりと、その時に応じて変えます。

 

 

 

 

 

カウントでの振りが入ってくる(覚えてくる)と次は音に合わせます。
音のどこに合わせるか、強弱、メリハリ、タメなども上のクラスになると要求していきます。

時には、半分ずつに分かれて踊ってお互いに見せ合ったり、目を閉じて音を聞いて、自分がステージに立って気持ちよくパーフェクトに踊るイメージを持ってもらう事もあります。
実はけっこう効果的で本番に変に緊張せず、力を発揮出来たりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*決して寝ていたり泣いているわけではありません(^_^;)

こうした事を繰り返して、どんどん振りが増えていきます。
発表会だと3分半から4分なので、かなり長いですが気付くと完成してます!

文章でここまでを見ると、とても難しいように感じるかも知れませんが、楽しいのが大前提!
特にキッズクラスや初めてでも入れるクラスは、音にずれたって、間違えたって、楽しく一生懸命踊ってくれたらそれが一番なのでご安心ください(*^_^*)

 

 

 

 

 

不思議な物で、大人になるとまず頭で考えてから行動します。
子供は感覚で行動します。
やってみて経験して学んで覚える。
良い事も悪い事も同じ。

やってみないとわからない事ってたくさんありますよね。
emanation Dance Studioは、やってみて、やり遂げてわかる経験が出来る場所でありたいと思います。

*今回掲載しているクラスは、土曜日HIPHOPジュニアⅡ、土曜日HIPHOPジュニアⅠ、短期開催クラスの3クラスです。

 

 お気軽にお問い合わせください!

%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e7%84%a1%e6%96%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*